公立の幼稚園

公立の幼稚園と制服の有無について

幼稚園というと私立のイメージがあるかもしれませんが、実際には公立の所も存在しています。
また、幼稚園と言えば制服を着て行くイメージがあるかもしれませんが、園によって取決めが違うので一概にそうとは言えません。

実際に自分のお子さんを通わせようとしている所はどういうルールになっているかを予めしっかりと調べておく、これが最低限必要な事だと言っても良いでしょう。

幼稚園の中には全て私服でも良いという風になっている所があります。
そういう場合はなるべく動きやすい服装にする事、さらに華美になり過ぎない事などを気を付ければ良いでしょう。

また子どもはいつ何時どういう動きをするかが分かりません。
急に動いて怪我をしてしまう事もあるので、出来るだけひらひらとしていないデザインの物を用意するとか、パーカーのようにフードが有る物は避ける等の工夫が必要です。

また、公立の幼稚園の中には登降園の時だけ上に園指定の服を着て行く必要があるという場合もあります。
下に着る物はなんでも良くても、上は園指定のジャケットを羽織っておく必要がある、スモックを着て登園するなど、その幼稚園によってもルールが違うので十分注意しなければいけません。
また下には何を着ていても原則的にはOKとなっている場合も、女の子はスカートを履いてはいけないとか、タンクトップで夏場に登園してはいけないといったルールが定められている場合も有るので注意しましょう。

もう一つ制服として注意しておくべき事は、スモックの存在です。
保育時間中は着用する事が基本という幼稚園は多数あり、制服が決められていない公立の場合であっても保育時間は必ずスモックを着用となっている場合は珍しくありません。
スモック自体は購入する場合もありますが、園によっては入園グッズと一緒に作らなければいけない場合も有るので十分注意が必要です。

こういう内容に関しては、プレ幼稚園の時等にも知る事ができますが、説明会などでも詳細を話して貰う事ができるはずです。
保護者の方が制服がある所の方が良いと思う場合は制服が決まっている幼稚園を選ぶ方が無難です。
ただ公立の場合はその地域によっても違いますが、イメージしている様なタイプの制服がない場合もあります。
その点を良く理解して、自分が住んでいる地域の場合はどういう風になっているのかを予め調べておく、さらにその園にお子さんを通わせている人がいる場合はその人に話を聞いておく等すると良いでしょう。